「抗体カクテル療法」ってなんだ??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

連日感染者の増加に歯止めのかからない「新型コロナ」だけどさ、「抗体カクテル療法」っていうのがあるんだってね。


Image

先日、「菅義偉」首相が、重症化を防ぐ効果がある「抗体カクテル療法」を「在宅患者も含めた取り組みを進める」と話したようですが、、、


Image

そもそも、「抗体カクテル療法」って何なんだ??


Image

少し調べたところによると、ウイルスの中和抗体の「点滴薬」だそうです。

「カシリビマブ」「イムデビマブ」という2つの中和抗体を組み合わせることで効果を得られることから、「カクテル」という言葉が使われているそうです。

主に、軽症、中等症の患者に効果があるようです。


Image

ふむふむ。


Image

「中外製薬」が申請して、先月、特例承認されたばかり新薬です。

軽症者対象の初の治療薬として注目されています。


Image

軽症者対象向けの治療薬だから、症状の軽い「在宅患者」に利用しようと考えているのか。


Image

症状の軽い「在宅患者」といっても、「点滴薬」ですよ。

自宅で点滴というのは、ちょっと実行が難しそうです。

ただでさえ、病院に負担がかかっている状況ですので、訪問して点滴というのは普通に考えて無理でしょう。


Image

だったら、軽症患者は、「外来」で受けてもらうようになるのかな。


Image

その場合、コロナ感染者は、どうやって病院に行くのでしょうか、、、

感染者が公共交通機関などを使って移動した場合、更に感染が広がる可能性もありますし、、、


Image

ということは、軽症患者に「抗体カクテル療法」を利用しようと思っても、使いにくいね。

入院させられればいいけど、病床は重症患者のために空けておく必要もあるし。


Image

それに、この新薬は、「基本的に7日以内に投与する」ことが前提なんだそうです。

現在のところ、流通や在庫が不十分で、「在宅患者」まで、手が回らないという事情もあるようです。

それを踏まえて、「厚生労働省」は、まずは入院患者に投与する形で対応し、在宅患者への投与に慎重な姿勢を示しているようです。


Image

ここのところ、一気に感染者が増えてきているからね。


Image

この状況が更に進むと、「医療崩壊」という言葉が見えてきます。

そうならないために、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が行われるわけなんですが、、、


Image

その傍らで「オリンピック」は盛大に開催されているからね。

連日のメダルラッシュで、盛り上がってるしさ。


Image

「オリンピック」が悪いわけではありませんが、行政側から、もう少し強く「感染」を抑制するような、対策や訴えが必要だとは感じます。


関連データ

 点滴投与の「抗体カクテル」自宅療養で行き届く?
  →→ ANNnewsCH(2021年8月3日)

 厚労省「抗体カクテル」薬を承認 軽症・中等症向け
  →→ FNNプライムオンライン(2021年7月20日)

この話題が良かったら、下の【いいね】ボタンをお願いします。

この話題へのコメントは ▶︎▶︎こちら

▶︎▶︎▶︎ トップページで最新の話題をチェック

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします