デルタ株の感染力は「水ぼうそう」並み??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

「新型コロナウィルス」のデルタ株の感染力は、「水ぼうそう」並みという報告が上がっています。

アメリカのCDC(米国疾病予防管理センター)が、そのようにまとめていたそうです。


Image

「水ぼうそう」並みと言われてもさ、、、いったいどれくらいの感染力が全然判らないよ。

ほら、「水ぼうそう」は、子供の頃にかかる方が良いと言われていて、近所にかかっている人がいると、うちの子にも、、、という形で、わざとかからせるという話は、よく聞くけどさ、、、


Image

主任、その考え方も近年では変わってきています。

「水ぼうそう」は、子供の頃の方が、症状が軽いという見方もありますが、子供でも重症化、また他の合併症を起こす危険性が指摘されています。


Image

えっ!! そうなんだ!!


Image

「水ぼうそう」のワクチンが開発されてから、考え方が変わってきました。

日本でも、「2014年10月」から、子供の定期予防接種ワクチンに指定されています。


Image

それはいいんだけど、その感染力は、、、


Image

かなり感染力が強く、咳やくしゃみなどの飛沫感染、また、接触感染によって一気に広まります。

ほら、幼稚園とか保育園で、あっという間に流行したというのは、よく聞く話です。


Image

デルタ株の感染力は、それに匹敵すると??


Image

CDCによると、1人感染者がいると、平均して8〜9人に広まるようです。

通常の風邪よりも感染力が強いとか、、、

あくまでも、CDCの見解ですが。


Image

でも、ここ数日の感染者数の増加をみると、納得できる気がするよ。

日本でも、デルタ株への置き換えが進んでいるみたいだから。


Image

さらに、ワクチン接種済みの人でも、感染した場合、同じように他の人にも広げてしまうようですよ。

ですので、ワクチン接種の有無を問わず、マスクは必要になると見解を示しています。


Image

この見解が正しいとなると、ワクチン接種済みの人は「ノーマスク」でOK、みたいな行動はできなくなるね。

それどころか、ワクチン接種済みだから、感染しても重症化のリスクは少ないと思って行動的になった人が、未接種の人に感染させてしまう可能性もあるわけか。


Image

国民の大多数が接種した後でないと、コロナ以前のようには戻らないのかもしれません。


Image

その頃には、やっかいな他の変異株が出てきそうな気もするけど。

いま、南米地域で、「ラムダ株」という変異株が広まりつつあるらしいし。

この変異株については、まだ詳細が判っていないようだしさ。


Image

早く収まって欲しいですが、そのためには、私たちも行動の自粛を心がけないといけませんね。


関連データ

 デルタ株の感染力「水ぼうそうに匹敵」米保健当局
  →→ ANNnewsCH(2021年7月31日)

 イスラエル3回目接種本格化 デルタ感染力水ぼうそう並みか
  →→ TBS NEWS(2021年8月2日)

 ワクチン効かず?新たな変異「ラムダ株」
  →→ TBS NEWS(2021年6月28日)

この話題が良かったら、下の【いいね】ボタンをお願いします。

この話題へのコメントは ▶︎▶︎こちら

▶︎▶︎▶︎ トップページで最新の話題をチェック

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします