公道のポスト95%が違法状態だった??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

公道に設置された郵便ポストの95%が道路交通法に基づく道路使用許可を受けないまま違法に設置されていたらしいね。


Image

95%ですか!!


Image

あ、公道にあるポストの95%だよ。多く聞こえるけど、ポスト全体で18万5000本、そのうちの公道に設置されているのは2万6616本、その95%だよ。


Image

また、なんでそんなことに、、、


Image

郵政民営化が原因らしいよ。民営化した事で、公道にポストを設置する場合、交通の妨害とならないよう、管轄する警察署長の許可を受けなければならなくなり、また、設置した後も、他の民間企業と同様に5年ごとの更新が必要となっていたようだけど、それを行っていなかったらしい。


Image

なんとも、お粗末な話ですね、、、


Image

全くその通り。日本郵便によると、1月末までにすべて許可を申請し、大半について違法状態を解消したということだけど、、、


Image

大半という事は、まだ解消していない分もありそうですね。


Image

歩道を塞いだり、投函口が車道側を向いてたりする分があったようなんだけど、きっと集荷の時に集めやすいように道路側に向けたりしていたんだろうなぁ、、、と予想される。


Image

ポストって、特に危険なんて感じた事はありませんでしたが、、、、


Image

普段はウチもそうだけどさ、子供が手紙を出す時のこと等を考えると、投函口が車道側というのは危ないよ。


Image

民営化したことで今回の問題が取り上げられましたが、もし民営化していなければ、これまで通り歩道を塞いでいたり、投函口が車道側にあるポストが残り続けていた訳ですね。


Image

そういう面では民営化して良かったのかもしれない。


Image

案外、設置した当時は問題がなかったのかもしれませんよ。設置した当時と今では交通量も違うでしょうし、また区画整理の道路の拡張等でこのような状況になったということも考えられます。


Image

ともかく、今回の件でポストの安全面に注意が行ったことはいいことだと思う。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする