「プリンタ」→「プリンター」

役に立ったらシェアをお願いします

Image

「マイクロソフト」が、外来語カタカナ用語末尾の長音表記について、ルールを移行するらしい。


Image

どういうことですか??


Image

ほら、パソコン用語って、

プリンタ」、「プリンター

ブラウザ」、「ブラウザー

アダプタ」、「アダプター

どっちが正しいか、判らないだろう。


Image

表記では前者をよく見かけますが、口語でよく使用するのは、後者ですね。


Image

それもそのはず、JIS規格では、

外来語カタカナ用語末尾の長音処理に関して、原則的に、「3音以上の場合には語尾に長音符号を付けず、2音以下の場合には語尾に長音符号を付ける

となっているんだよ。だから、「プリンタ」、「ブラウザ」の表記がされているわけだ。


Image

なるほど。英語表記で見ると「Printer」「Browser」と、長音表記の方が正しい感じがしますよね。


Image

そうだね。だから、今回「マイクロソフト」は、より自然な発音に近い表記を採用する決定を行ったようだ。元語の表記末尾が「-er」「-or」「-ar」などで終わる場合が、該当するらしい。ちなみに、国内の新聞や放送は、既に長音記号をつけるようにしているようだよ。


Image

なるほど。では、今後、「Windows上」では、「プリンター」等の表記が通常になるのですね。


Image

そのようだな。まぁ、これまで長音記号を採用しなかった背景には、少ないバイト数で大丈夫、あるいは低い解像度でも表示しやすいといった理由もあったようだけど。


Image

でも、「プリンタ」が「プリンター」に変わったところで、長音記号が無くても意味は同じですから、意味はなさそうですよね。どちらでも、意味は通じるでしょうから。


Image

まぁな。。。でも、より口語に近くなる、、、ということでいいんじゃないの。ウチも、あまり意味があるとは思わないけどな。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする