「新原・奴山古墳群」の菜の花を見てきました

役に立ったらシェアをお願いします

Image

昨日、福津市の「新原・奴山古墳群」の「菜の花」を見てきたよ。


Image

2017年に、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の一つとして、世界遺産に登録された場所ですね。


Image

近年では、「菜の花」の名所としても知られてきているようだ。

今、ちょうど見頃だよ。



Image

黄色の絨毯が広がっていますね。


Image

山のように盛り上がっているのが古墳群。

遊歩道に沿うように「菜の花」が広がっていたよ。


Image

本当に綺麗ですね。

昨日は天気も良かったですので、花見日和だったでしょう。


Image

「コロナ滅の刃」と題した「カカシ」が設置してあったよ。



Image

ここ数年、どこにいっても「鬼滅の刃」関連のものを見ますね。

それだけヒットしたということでしょうが。


Image

他にも、牛や人のカカシがたくさん設置してあったよ。

その中で一番気になったのが、展望所のところに設置してあった「カオナシ」

晴れた空に黄色の菜の花。その中の「カオナシ」はシュールに感じた。



Image

「カオナシ」の件はいいとして、

一面の菜の花ですね。その割には人が少ないような気もします。

本当に


Image

平日ということもあったんだろうけど、人は数人しかいなかったな。

これだけ綺麗な場所だから、もう少し人がいてもよさそうなんだけど、、、


Image

古墳群ですから、元はお墓ですので、あまり来場者がいないのではないでしょうか??


Image

そんなの関係があるのかな、、、

「菜の花」に囲まれた古墳というのも、実際に見ると綺麗だったよ。

きっと、土日は来場者が多いと思う。晴れればだけどさ。


Image

SNSにぴったりな写真も撮れそうですね。



Image

先週頃から気温も上がって、心地よくなってきているから、菜の花を見にいくのもいいかもね。


Image

一気に暖かくなってきていますからね。すぐに桜も咲き始めるんじゃないでしょうか。