全仏オープンは「ローラン・ギャロス」??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

ここ数日、テニスの「大坂なおみ」選手の言動で注目の集まっている「全仏オープン」の件なんだけど、、、


Image

「大坂なおみ」選手は、棄権することを発表したようですね。


Image

その件はどうでもいいんだけど、この騒動のおかげで、全仏オープンの名称が「Roland-Garros:ローラン・ギャロス」と呼ばれていることを知ることができた。


Image

どうして「ローラン・ギャロス」なんでしょうか?


Image

フランス、パリにある「スタッド・ローラン・ギャロス:Stade Roland Garros」で競技が行われるかららしい。

ちなみに、「ローラン・ギャロス」は人名で、世界で初めて地中海横断飛行に成功したパイロットだったらしい。


Image

パイロットとテニス、、、結びつきがわかりませんが、、、


Image

第一次世界大戦時にフランス空軍で活躍したらしい。その功績を称えて、競技場に名前が付けられたとか。


Image

福岡県でいうと、中間市にある「仰木彬記念球場」みたいなものですか、、、


Image

いや、加代ちゃん、それはちょっと違うかも、、、

「スタッド・ローラン・ギャロス」は、1928年にオープンしたらしい。

男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップで1927年にフランスが初めて優勝したことを記念して建設されたようだ。それ以降、大会の会場として使われるようになったとか、、、


Image

スタジアム名が大会の呼称になるのは日本でも同じですね。

高校野球も、本来の名称は「全国高等学校野球選手権大会」ですが、「夏の甲子園」と言っても通じますから。


Image

こうなると、他の四大大会の他の呼称も調べたくなるよね。


Image

全英オープン、全米オープン、全豪オープンのことですね。

全英オープンは知っていますよ。「ウィンブルドン」でしょう。


Image

そうそう。「ウィンブルドン」は、競技場の名ではなく、地名。

そして、全米オープンは、特に呼称はないみたい。「US Open」が通称のようだ。


Image

では、残りの全豪オープンはどうなんでしょう??


Image

全豪オープンも特に呼称はないようだね。


Image

呼称のある大会と、無い大会で違いがあるのでしょうか??


Image

特にないと思うよ。誰かが言い出して、それが広く定着したってだけだろう。だから、全米オープンや全豪オープンも、数年後には他の呼称ができるかもしれない。


Image

アカデミー賞のオスカー像も、呼称の由来は、オスカーさんに似てたとか、怪しげな諸説があるようですし、何かの拍子で面白い呼称が付くかもしれません。


Image

今回、「ローラン・ギャロス」という名称を知ったけど、きっと3日後には忘れているような、、、


Image

テニスの競技自体に興味がなければ、そうなるかもしれません。


Image

だよね。もし、錦織選手が優勝したりしたら、忘れないと思うけど、、、


Image

そういえば、日本人の出場選手は「大坂なおみ」選手と「錦織圭」選手だけなんですか??


Image

シングルスでは、男子は他に「西岡良仁」選手、「内山靖崇」選手、「ダニエル太郎」選手、女子では「土居美咲」選手、「日比野菜緒」選手が出場しているよ。残念ながら「土居美咲」選手は敗戦しちゃったんだけど、、、


Image

ダブルスはどうなんでしょう??


Image

男子では「マクラクラン勉」選手が南アフリカの「R・クラッセン」選手と、「西岡良仁」選手が台湾の「イェン・スンルー」選手と出場しているよ。

女子では、「日比野菜緒」選手がジョージアの「O・カラシニコワ」選手と、「二宮真琴」選手が中国の「ヤン・ザオシャン」選手と、「加藤美唯」選手がチェコの「R・ボラコバ」選手と、「青山修子」選手と「柴原瑛菜」選手が日本人ペアで出場している。


Image

日本人選手の活躍に期待したいです。


Image

世界ランクが高く、知名度の高い「大坂なおみ」選手ばかりが注目されるけどさ、他の日本人選手も出場しているわけだから、そっちにも少しは注目しないとね。


この話題が良かったら、下の【いいね】ボタンをお願いします。

この話題へのコメントは ▶︎▶︎こちら

▶︎▶︎▶︎ トップページで最新の話題をチェック

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします