コンビニの「見切り販売」

役に立ったらシェアをお願いします

Image

コンビニの賞味期限切れが迫った弁当などの「見切り販売」について、話題になっています。


Image

公正取引委員会がセブン-イレブン・ジャパンに対して独占禁止法に基づく排除措置命令を出したんですよね。


Image

フフフ、、、

これで、安くお弁当などの総菜が買えますね。よく利用するコンビニに行って、値下げする時間帯等をチェックしましょう。


Image

これまでは、期限の切れた商品に関しては捨てていたようですからね。その処分した商品についても、各店舗の負担だったとか、、、


Image

もちろん、消費者の中には私のように値下げする時間を見計らって購入を検討する人も多くなりそうです。


Image

そのような人が増えると、見切り商品での売り上げは伸びても、通常で販売できていた分が売れなくなったりしそうですね。

ほら、これまでなら、値下げは無かったからしょうがなく購入していたけど、これからは、そろそろ期限が切れそうだから、もうちょっと待って購入しようという感じで、、、


Image

どのようになるかは実際にやってみないとわからないと思いますが、実際に見切り販売を行っている店舗もいくつかあるようで、その店舗では上手くいっているようです。ですが、本部側の言い分もわかります。もし、お惣菜で同じ商品が、「正規の金額商品」と「見切り商品で値引き額商品」が同時に並んでいたら、、、


Image

私だったら値引額の商品を買います。見切り商品といっても、賞味期限が切れているわけではないですから。


Image

そうなると、正規の金額で売れる物が激減しそうな気もするんです。その辺を本部側は危惧しているのでしょう。あれだけのグループに成長した本部の方が危惧しているのですから、それなりの説得力はありそうです。


Image

この話題については、しばらく色々なコンビニの様子見ですかね。


Image

そうなりますね。各コンビニの今後の対応に注目です。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする