価格設定

役に立ったらシェアをお願いします

Image

コンビニでお酒が販売されるようになって、かなりの月日が流れましたが、、、


Image

コンビニでお酒を買う事は普通に浸透しましたね。


Image

ここで、ちょっと疑問に思うのが、お酒の値段です。


Image

どういう事ですか??


Image

缶ジュースが120円程度、ペットボトルのお茶が150円程度で販売されている中、同価格帯で酎ハイなどが買えてしまうのです。仮にもお酒なのですから、もう少し高い金額に設定してもいいと思うのですが。


Image

昼食をコンビニに買いに行った際に、一緒にお茶を買おうとして、間違ってお酒を買ってしまう人がいるかもしれませんね。


Image

うーん、間違いならいいのですが、同じ値段ならチューハイを買おうという会社員等もいるかもしれません。車等を運転しないような業種の方は特に。


Image

ありえる話ですが、そういうことは自己の問題ですし。でも、確かに、清涼飲料水よりも高めに設定してもいいかもしれませんね。


Image

逆に考えると、缶チューハイ等の商品が、酒税が含まれているにも関わらず、あの金額で販売できるということは、清涼飲料水などは、かなり儲けが大きいのかもしれません。


Image

それはどうでしょうか。お茶などの製品は葉の品質にこだわっているメーカーもありますし、コーヒーも豆の品質で味が変わるでしょうから、一概に儲けが大きいとは言えないと思います。


Image

あぁ、なるほど。お酒を飲む人はアルコールさえ入っていれば味は二の次という人が多いかもしれません。だからこそ、第2、第3のビールが売れているのでしょうし。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする