「鎌倉殿の13人」での「壇ノ浦の戦い」

役に立ったらシェアをお願いします

この日のホークス 

Image

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」なんだけど、本日放送の「壇ノ浦で舞った男」で、源平合戦のクライマックス「壇ノ浦の戦い」が描かれ、平家が滅亡した。


Image

あぁ、もうそんなところまで進んだんだね。

今回の大河ドラマは鎌倉時代の「北条家」が執権になっていく物語だよね。


Image

そんなところ。

「いい国(1192)作ろう」で知られる鎌倉幕府の初代将軍「源頼朝」


Image

近年は、「いいはこ(1185)作ろう」でも知られてるんだけど、、、


Image

まぁ、それはいいとして、、、

その「源頼朝」と共に平家を打倒して幕府を作り、彼の死後、どのように幕府を維持していくのか、、、というのが話の流れ。

主役は2代目の執権となる「北条義時」だな。「小栗旬」さんが演じてる。


Image

その内容だと、平家の滅亡後、つまり、今後、ドラマは面白くなっていきそうな感じがするね。


Image

そうなんだけどさ。

平家滅亡に至る「一ノ谷の戦い」〜「屋島の戦い」〜「壇ノ浦の戦い」が、やけにあっさり終わって拍子抜けしちゃった。

「那須与一」も出てこなかったし。

「北条義時」が主役なので、しょうがないのかもしれないけど。


Image

あたしは、たまに流し見しているだけだから、詳しくは解らないんだけど、「菅田将暉」さん演じる「源義経」が良いキャラクターだと感じたよ。


Image

それは同感。今日の放送では「八艘飛び」をしてたよ。

まだ子供の「安徳天皇」の入水のシーンは、なんとも言えない気持ちになったけど。


Image

歴史の流れで言うと、今後、頼朝と義経の兄弟で不和が出てくるんだよね。


Image

その通り。

このドラマの義経は協調性が無いんだけど憎めないキャラクターに描かれてて、この後、死んじゃうのかと思うとさ。

「義経ロス」になっちゃうかもしれない。


Image

そこを乗り越えないと、ドラマは進まないよ。


Image

だよなぁ。

ドラマは「承久の乱」あたりまであるようだから、今後は、どんどん登場人物が退場していく展開になっていくんだろう。

どのように描かれるかが楽しみではあるけど、、、

NHKのサイトには、以下のように紹介してある。



Image

まだ5月だよ。

ドラマの半分にも達していないから、これからもっと盛り上がっていくんじゃないかな。


Image

そうだろうね。

平家滅亡は、前半の山場と捉えて、これからも放送を楽しみにしておこう。

それより、「壇ノ浦の戦い」の時の音楽に「ヴィバルディ」の「四季」より「冬」第1楽章の一部の旋律が使われていて、驚いたよ。

他にも過去には「ドヴォルザーク」の「新世界より 第4楽章」の旋律が使われていたりと、音楽好きには、ちょっと嬉しい要素があるのもポイントだ。