W杯「日本」は初戦で「コロンビア」に勝利

役に立ったらシェアをお願いします

Image

サッカーのワールドカップが面白い。


Image

日本は、先日の試合で「コロンビア」に勝ちましたね。この調子で次の試合も頑張って欲しいです。


Image

試合開始早々に、相手が一人レッドカードで退場になったのが大きかった。退場になった「カルロス・サンチェス」選手はW杯史上2番目に早い退場だったそうだ。3分での退場となっている。


Image

えっ!! 2番目ですか!? それだと、最短退場の選手の時間って、、、


Image

1分だって。1986年のメキシコ大会の「ウルグアイ 対 スコットランド」戦で、ウルグアイの「ホセ・バティスタ」選手が記録している。


Image

なんというか、不名誉な記録ですね。


Image

不名誉といっても、選手は、その時その時で一生懸命プレーしているわけだし、、、

ちなみに、1分で選手が一人減りながらも、その試合は引き分けになってる。


Image

試合開始早々に選手が一人減るのって大変そうですね。


Image

そのおかげで今回、日本は有利に試合を進めることができたからね。でも、前半のうちに同点に追いつかれた時は驚いたけどさ。一人少なくても「コロンビア」は侮れない、、、と思ったよ。


Image

退場した選手は大丈夫なのでしょうか?? 終わったサポーターや自国メディアからバッシングを浴びそうですが。


Image

それがさ、、、「コロンビア」って1994年のアメリカ大会でオウンゴールをした選手が帰国後に射殺される、、、という事件が起こっててさ、、、


Image

えっ!! そうなんですか??


Image

当時の「コロンビア」代表は、タレント揃いで南米予選も首位で通過するなど、国の期待が大きかったみたい。それが、本戦では一次ラウンドで敗退。その矛先がオウンゴールをした選手に向けられたようだ。


Image

もし、今大会で「コロンビア」がグループリーグで敗退した場合は、その選手のことが心配になりますね、、、


Image

日本でも、1998年のフランス大会で3連敗して、「城」選手が帰国した時に空港で水をかけられる事件があったよね。当時、初めてのW杯本戦出場で、弱国だった日本でも3連敗したことでファンのフラストレーションが貯まったぐらいだから、サッカー強国だと、それがもっとエスカレートするのは予想できる。


Image

それでも銃殺は、、、、それだけ国民の期待も大きかったということですね。


Image

まぁ、他国の心配よりも、次の「セネガル」戦の方が気になる。初戦の勝利でかなり有利な状況になったけど、残る2戦も格上の相手だしね。


Image

そういえば、日本が勝利したことで、「グループH」が混戦になったと話題になっているようですが、、、


Image

初戦は「日本」、「セネガル」とグループの中でFIFAランクの低い2チームが勝ったからね。世間の当初の見立てでは、日本以外の3チームでの争い、日本は蚊帳の外、、、っていうような評価だったし。


Image

是非ともグループステージを突破して世間を驚かせたいですね。


Image

選手たちには頑張ってもらいたいね。できれば次の「セネガル」戦に勝利して、すんなりとグループリーグ突破を決めて欲しいところだけど、そんなに簡単にはいかないだろうなぁ、、、3戦目にもつれると、すでに1敗を喫している「ポーランド」も本気で来るだろうし、、、どちらにしても簡単にはいかないだろうね。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする