スポンサーリンク

「ブラックフライデー」って何なんだ??

2022年11月25日(金)の話題
これは『約2か月前』の話題ダヨ。
Image

今日は、「ブラックフライデー」ですね。

近年、「ブラックフライデー」という言葉が日本でも定着してきましたね。


Image

確かに、テレビやネットでのCMで、「ブラックフライデー」って盛んにアナウンスされているよね。

しかし、「ブラックフライデー」って、一体、何なんだ??


Image

「サンクスギヴィングの次の日」です。

日本では「感謝祭」とも言われている日の次の日です。


Image

は?? そう言われても解らないんだけど。


Image

1620年、イギリス南西部のプリマスから「メイフラワー号」にのって、新天地アメリカへ移民した人たちがいたんです。

到着後、彼らを待っていたのは、慣れない環境と厳しい冬でした。

その時に助けてくれたのが先住民である「ネイティブ・アメリカン」の人たちでした。

食べるも物にも困っていた一団に、食糧を分け与え、農作物の種を譲り作り方を教えたそうです。

その冬をなんとか乗り越え、迎えた翌年1621年の2回目の冬。

移民団は、先住民を招き、初めて収穫した食糧でお祝いの席を開き、感謝の意を表しました。

これが由来となり、アメリカをはじめ、多くの国で「11月第4木曜日」が「サンクスギヴィング:感謝祭」と呼ばれるようになりました。


Image

なるほど。

でもさ、その次の日が、なんで「ブラックフライデー」なの??


Image

「サンクスギヴィング:感謝祭」は、アメリカでは「祝日」なんですよ。

日付は木曜日なので、翌日の金曜日を休みにすると、、、土日と合わせて4連休になるわけです。

そのため、アメリカの多くの州では翌日の金曜も祝日にして4連休になるようにしています。

4連休になると、一般的に、商売をしているお店の売り上げも期待できます。

クリスマス、年末の前の時期ということも相まって、年末商戦という意味も込めて、この連休にセールを行うようになったんです。

年末の商品在庫一掃という側面もあり、多くの商品がセール価格で売られるようですよ。


Image

そうだったのか。

しかし、なんで「ブラック」なんだろうな。


Image

現在では、セールで「黒字になるから」と解釈されているようですが、元々は違ったようです。

買い物客が多く混雑することで忙しい1日「ブラックデー」になるという意味で、フィラデルフィアの警察が使ったのが最初のきっかけみたいです。


Image

うーん、アメリカでも「黒字」とか、「赤字」という言葉を使うんだな。


Image

そのようです。

黒字:in the black = in surplus

赤字:in the red = in deficit

このように表現されます。


Image

それが、近年日本でも広まっていってるんだな。


Image

外資系の企業が、ここ数年「ブラックフライデー」のセールを行い始めましたからね。

それが徐々に広まっているのでしょう。

日本では、これまで「歳末セール」、正月明けの「新春、初売りセール」が定着していましたので、その需要を先に食い潰しているだけという意見もあるようです。


Image

「Amazon」みたいな通信販売の大手がCMで「ブラックフライデー」のセールを宣伝しているからなぁ。

コロナ禍で、通信販売の売り上げも伸びていることから、今後「ブラックフライデー」が日本でも定着していくのかもな。


Image

様々なセールが行われることは、消費者にとっては、良い事だと思います。


Image

ウチも、チェックをして何か買ってみようかな。



おおよそ『2か月前』のニュースです。
 ANNnewsCH:夜のニュース
 TBS NEWS DIG Powered by JNN:夜のニュース
 FNNプライムオンライン:夜のニュース

コメント

スポンサーリンク