文字を書かないと漢字を忘れる

役に立ったらシェアをお願いします

Image

ちょっと10年前(2008年)の今日(7月15日)の、このブログの話題を確認してみたんだけど、、、


Image

10年前の話題!!


Image

「漢字検定」の「2級」の合格を確認した日だったみたい。

  合格していました。(2008年7月15日の話題)


Image

あぁ、ボスは以前に「漢字検定」を受けてたね。といっても、10年も前の話なんだ。


Image

「2級」に合格してしばらくは「準1級」の勉強をしてたんだけど、途中で無理だ、、、と諦めちゃったんだよね。

それから10年、、、、

現在は、漢字を結構忘れてて、今「2級」を受けたとしても合格できないと思う。特に、「四字熟語」が難問だろうな。


Image

「10年」の月日は残酷だね。


Image

残酷というよりも、、、

常日頃から「漢字」を書くことを意識していないと忘れちゃう。

「漢字」に限らず、文字を鉛筆やペンで書くという機会が減ってきているから。


Image

最近はパソコンやスマートフォンでの文字入力がほとんどだからね。

いざ書くとなると漢字を思い出さないことは多いかも。


Image

そうなんだよね。

パソコンの漢字変換も昔と比べて賢くなってるしさ、変換ソフトによっては、意味まで表示されるものもあるから、漢字を知らなくてもいいんだよね。


Image

文字を「打つ」「書く」では大違ってことか。


Image

文字を書く習慣を少しでも取り戻さないと、、、


Image

また、漢字検定を受けてみたら??


Image

受けるなら次は「準1級」なんだろうけど、それは10年前に諦めているし、今更って気もする。

それなら、字が綺麗になるポールペン字とか美文字トレーニングとかの方が取っ付きやすいかもしれない。


Image

あ、それいいかも。


Image

冠婚葬祭の受付の記帳等で文字を書く事は少なからずあるし、その時に、綺麗な字を書きたいと思うしね。


Image

人がメモしている字が目についた時にさ、綺麗な字だと、デキる人に見えるよね。

特に、男性で字が綺麗だと有能な人に感じちゃう。


Image

それって、、、男性が字が下手だって思ってるの??


Image

違う、違う。

ほら、人に与える印象が大事だってこと。


Image

うーん、忘れてしまって漢字を思い出すためにも、ちょっと文字を書く習慣を付ける事にしようかな。

少し書き出すと、次々と思い出してきそうだし。


Image

ところでさ、その10年前に合格した漢字検定の「2級」だけど、何か役に立ったの??


Image

いや、ウチの場合は全然。「合格した」という自己満足で終わってしまった、、、

良い経験にはなったけどね。

でも、学生さんとかであれば、バイトや就職の時の履歴書に記載できるんじゃないかな。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする