パ・リーグ 6勝

役に立ったらシェアをお願いします

Image

先日から開催中の、プロ野球は「日本生命セ・パ交流戦」だけどさ、昨日「5月29日」の試合は、6試合共に、パ・リーグのチームが勝利したんだってさ。


 【パパパパパパ】パ・リーグ6勝【32-7】
  →→ PacificLeagueTV(2022年5月29日)


Image

同じリーグのチームが全部勝つと、ゲーム差が縮まらないんですよね。

でも、交流戦となると、「パ・リーグ」が強イメージがありますね。


Image

交流戦が始まったのが「2005年」

昨年「2021年」までの、セ・パの通算勝利数は、セ・リーグ:1015敗、パ・リーグ:1146勝:引き分け:71 という結果らしい。

16年の歴史の中で、セ・リーグが勝ち越したのは、2回だけだってさ。


Image

毎年、交流戦になると「パ・リーグ」の強さに注目が集まりますね。


Image

このレベルの違いは「DH:指名打者」制の有無にあるとか言われてるけど、、、

それも解る気がする。

ピッチャーが打席に立つことで、打線にウィークポイントができちゃうからね。

守備側としては、ピッチャーが打席に立つとラクだろうし。


Image

大谷選手のような投手であれば別ですが、通常、投手は打撃力が落ちますからね。


Image

それに、「DH:指名打者」制のある「パ・リーグ」なら、守備の劣る打撃だけの選手と高額の契約をすることもできるけど、「セ・リーグ」だと、そうもいかないだろうからさ。

打撃は凄いけど、守備はダメ、、、なんて選手、「セ・リーグ」だと使いにくいよ。


Image

私なんかは、それだったら「DH制」の無い「セ・リーグ」主催の試合で勝てばいいのでは?? と思うのですが。


Image

ウチもそれは思う。

ピッチャーが打席に立つ分、「パ・リーグ」のチームにとっては、ピッチャーの交代時期の判断が普段とは違って難しくなるし、そこにつけ込んで勝ちを取りにいけばいいと思うけど、どうも、そう上手くはいかないようだ。


Image

今年も、「パ・リーグ」の勝ち越しという結果になるのでしょうか??


Image

どうだろうね。でも、そうなる可能性は高い気がする。

こんな状態だから、毎年「パ・リーグ」のチームは、「交流戦で下手をすると、ペナントレースから脱落する」というような感じになってるよね。


Image

我らがホークスは、今年も、交流戦での調子は良さそうですね。

DeNA戦は、負け越してしまいましたが、その後の広島戦では3連勝です。


Image

あとは、他の「パ・リーグ」のチームが脱落してくれればいいんだけど、同じように勝ってるからなぁ。


Image

交流戦後の、各リーグの順位も気になりますね。


Image

それこそ、広島が調子悪いみたいだから、一気に順位を落とすってことが考えられそうだ。

また、西武の調子が、少し良くなっているみたいだから、こっちも怖いなぁ。