セルフレジ化はいいけど、バーコードの位置が判りにくい商品もあって、、、

役に立ったらシェアをお願いします

Image

最近、どこに買い物に出かけても、セルフレジのお店が増えてきていますね。


Image

増えてるね。100円ショップですら、セルフレジになってるしさ。

商品バーコードは店員が通すけど、支払いはセルフで、、、みたいなところもあるね。


Image

私は、セルフレジを利用するのは、そんなに苦手に感じないのですが、商品のバーコードがどこにあるのか判らない商品があったりして、探すのに手間取ったりすることがあって。


Image

あるある。

よく買う商品、「食品」や「日常生活品」は、何回かやっているうちに、バーコードの位置の予想ができるようにるけど、滅多に買わない商品だと、判らないことってあるよね。


Image

後ろに人が並んでいないときはいいのですが、並んでいる場合は、ちょっと申し訳なく思ってしまって、、、

急いでやろうという気持ちが、焦りになっちゃって、余計に時間がかかったりするんです。


Image

並んでいるから、急いでやろうと思ったら、「ピーッ」ってエラーが出たり、入金の時に、お札がなかなか認識されなかったりするんだよな。


Image

そんなときは、本当に申し訳なくなっちゃいますよね。

最近では、子供にセルフレジを操作させることについて、問題になっているようですよ。

「時間がかかるから」という理由で。


Image

それは解る。

後ろで並んでいるのに、前でモタモタされると、「もっと早くやれよ!!」って思うからさ。

でも、もし、自分が子供だったら、絶対やりたいと思う。

だから、しょうがないか、、、という気持ちで納得するようにしている。


Image

あら!! 意外です。

思ったよりも大人の対応をしているんですね。


Image

遅い人に文句を言ったところで、劇的にスピードが上がる訳ではないからね。

文句を言うことで、自分のストレスが発散できるので、少しはスッキリするとは思うけど、それだけだし。

というかさ、ほとんどの人が、大人の対応をしていると思うよ。


Image

セルフレジについては、ここ数年で一気に普及が進んできたので、慣れていないという点もあるのでしょう。

誰もが慣れるためには、もう少し時間が必要かもしれません。


Image

そして、数年が経って、誰もがセルフレジに慣れた頃になると、、、

子供の方が「パッパッ」と通して、大人に対して「遅い」と文句を言うような状況になっているかもしれない。


Image

ありえますね。

子供は、バーコードの位置を見つけたりするのは得意そうですし。


Image

だからさ、ウチは、セルフレジの店では、並んでいる間に、商品のバーコードの位置なんかをチェックしてるな。

それから、現金で払う時は、小銭あるかな、、、とか、確認してる。


Image

逆に、年配の方が、操作が解らずに困っているという問題もあるようです。


Image

店員がサポートしながらセルフレジを使っている光景はよく見るので、すぐにセルフレジに駆けつけることができる体制が整っていればいいんじゃないかな。

大規模店なら、セルフレジのところにはサポートする店員がいるし。


Image

私は、商品バーコードだけは通してもらって、支払いをセルフで、という形式が良いです。

それだと、操作の解らない年配の方でも問題ありませんし。


Image

セルフレジも利用するごとに慣れていくだろうから、何回か使ううちに、きっと年配の方も使い方を覚えていくよ。

それよりもさ、全て電子化することでさ、「停電」とか、「システム障害」なんかが起こった時に、全く対応できない状況になる可能性があることにも注意が必要だと思う。

現に、小さなトラブルは、ちょこちょこと起こっているようだし。


Image

セルフレジ化にも良し悪しがありますね。


Image

中には、セルフレジが嫌いという理由で、買い物をする店を変える人もいるんだろうな。

ウチも、セルフレジと有人のレジが併設されている店では、有人の方に行っちゃうしな。


Image

私もそうです。


Image

お互いに、古い人間なのかもしれないね。