パリ五輪のフラッグハンドオーバーセレモニーの曲は「Woodkid:ウッドキッド」の「Prologue」

役に立ったらシェアをお願いします

Image

オリンピックの閉会式でさ、次回2024年の「パリオリンピック:Paris 2024」への引き継ぎが行われたけど、その時のフランスのプロモーションが非常に印象に残ってさ。


Image

フランス国家「ラ・マルセイエーズ」が、フランス国立管弦楽団の演奏で流れ始めてから以降のセレモニーだよね。

最後に、国際宇宙ステーションからの映像もあったね。宇宙飛行士の「トマ・ペスケ」さんがサックスを吹いていたことに驚いたよ。


 La Marseillaise s’empare de Paris
  →→ Paris 2024(関連動画)


Image

その後、BMXでパリの街を巡る映像が流れてさ、、、


 Course sur les toits de Paris
  →→ Paris 2024(関連動画)


Image

パリオリンピックでは、都市の名所が競技会場になるらしいね。

コンコルド広場で、「ブレイキン」や「3×3バスケット」が行われたり、グラン・パレで「フェンシング」や「テコンドー」、そして、ヴェルサイユ宮殿では、「馬術」や「近代五種」が行われる予定なんだって。


Image

エッフェル塔の下に特設会場を設置して「ビーチバレー」を行うらしいね。

日本人でも知っているような名所で競技が予定されているというのは、心惹かれるものがあるね。


Image

東京大会が終わったばかりだけどさ、こういう映像を見ると、次のパリ大会が楽しみになるよね。


Image

思い起こせば、5年前のリオデジャネイロ大会の時もそうだったんだよね。

覚えてる?? 当時の「安倍晋三」首相が、マリオの格好をしてセレモニーに登場したことを。


Image

あー、覚えているよ。

日本の誇る、「キティちゃん」や「ドラえもん」がセレモニーに登場したよね。


 Tokyo 2020 – Flag Handover
  →→ Rio 2016 Closing Ceremony(関連動画)


Image

あの時も、東京大会にワクワクしたけど、今、改めて当時のセレモニーを見ると、実際に行われた今大会と比べて、ちょっとイメージが違う感じがするね。


Image

「コロナ禍」があったからね。しょうがないんじゃない。

ほら、1年の延期で、開会式の演出チームも変わっちゃったし。


Image

まぁ、ともかく、大会の引き継ぎを「Flag Handover:フラッグハンドオーバー」というんだけど、今回のパリ大会への引き継ぎ時に流れていた曲が、どこかで聞いたことのあるような感じの曲でさ。


Image

あぁ、なんか、格好良い曲が流れていたね。

ちょっと硬い印象を受けるけど、壮大さを感じる曲調だったような、、、

それよりも、あたしはフランス空軍誇る「パトルイユ・ド・フランス」が赤・白・青のトリコロールのスモークを描いたことに感動したよ。

エッフェル塔をバックに、すごく映えててさ。


Image

確かに、あれは、格好良かった。

エッフェル塔にかかるように、超低空飛行をしていたよね。日本だと、あの高度の飛行は許可されない気がする。

で、曲の話に戻るんだけど、調べて見ると「Woodkid:ウッドキッド」さんが担当してた。


Image

「Woodkid:ウッドキッド」?? 誰?? それ。


Image

フランス人アーティストの「Yoann Lemoine:ヨアン・ルモワンヌ」さん。

音楽活動時に「Woodkid」という名称を使っているんだよ。

映像アーティストとして有名で、「ケイティ・ペリー」さんや「ハリー・スタイルズ」さん等、様々なアーティストのミュージックビデオを手がけている。

自身も「ネオフォーク」とか「ネオクラシック」とか呼ばれているジャンルのミュージシャンとして活躍しているんだよ。


Image

そう言われても、解らないんだけど、、、


Image

まぁ、日本だと、マニアしか知らないと思うけど。

そんな彼が、今回のオリンピックのために書いた曲が「Prologue」

閉会式(Flag Handover:フラッグハンドオーバー)の行われた昨日(8日)、デジタルリリースされたよ。


 Woodkid for the Paris 2024 Olympic and Paralympic Games – Prologue
  →→ Woodkid(関連動画)


Image

印象的な曲調だよね。

こういう曲調が好きな人は、「Woodkid」さんのアルバム「The Golden Age」を聴くのがおすすめ。


Image

だから、あたしは知らないんだってば。


Image

今回、セレモニーの楽曲を担当したことで、今後、日本でも人気が出るかもしれないぞ。


Image

あたしは、どちらかというと、閉会式の「東京音頭」の方が印象に残ったけどね。

歌っていた民謡歌手の「松田隆行」さんと「増田吏桜」さん、恥ずかしながら、初めて知ったよ。


Image

開会式や閉会式で、その国の文化や音楽に触れることができるというのは良いことかもしれないね。

閉会式の影響で、「東京音頭」が世界中で流行ったりして、、、


Image

いやいや、それは、ないない。


関連データ

 東京から2024年パリへ オリンピックの引き継ぎ式
  →→ ANNnewsCH(2021年8月9日)

この話題が良かったら、下の【いいね】ボタンをお願いします。

この話題へのコメントは ▶︎▶︎こちら

▶︎▶︎▶︎ トップページで最新の話題をチェック

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします