2020年オリンピックの東京都の負担額は500億??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

2020年のオリンピックの件で、新施設にかかる500億円の負担問題が持ち上がっているね。


Image

舛添都知事は「前任の知事からまったく引継ぎはなかった」、「知事になって1年3ヶ月、何も聞いてないんですよ」と発言していたようですけど。


Image

東京で開催するんだから、東京都は負担して当然だと思うんだけどさ。その分、経済効果も見込めるし、それだから立候補したんでしょう?? と思っちゃうなぁ。


Image

そういえば、2020年のオリンピック招致にあたって、国内は東京以外に立候補地はありませんでしたっけ??


Image

2016年は福岡や大阪が候補地になっていたけど、2020年はどうだったかな?? 


Image

そう言えば、2016年のオリンピック招致も東京は立候補していましたね。落選した時に話題にしましたね。

 2009年10月3日の話題


Image

振り返ってみると、落選したときも招致費用が「150億」もかかっていたんだね。それを考えると、開催するんだから「500億」ぐらいいいじゃないか、、、と思うのは金銭的に麻痺してるのだろうか、、、


Image

きっと、今回も招致の段階でかなり金額を使っていると思いますよ。


Image

そもそも、招致にあたっては、エコ重視と言ってなかったかな??


Image

それは、「2016年」の招致の時の話ですよ。今回は「コンパクト」というのがコンセプトだったと思います。選手村を中心にほとんどの競技会場が8km圏内に配置されるという計画でしたよ。


Image

そうだっけ?? ちょっと前に千葉の「幕張メッセ」とか神奈川の「江ノ島」とか会場変更の話題が出てなかったっけ?? それだと、8km圏内とは言えなくなるよね。


Image

会場変更の話題が出てましたね、、、招致当初の計画からは大きく変更が行われているようです。


Image

新国立競技場も、予算が無くて屋根無しにするなんて話題も出てるし、、、


Image

予算が無いなら取り壊さずに、前の競技場を改修すればよかったですね。


Image

取り壊してしまった今になって言ってもしょうがないけどね。


Image

本日、東京五輪組織委の「森喜朗」会長が、都知事を批判する発言を行ったようです。


Image

都知事側としては「500億」の金額の算出根拠も不明確ということみたいだけど、、、


Image

こんな事をしていると、本当に2020年に間に合うのか不安になりますね。


Image

いっそのこと、他の都市が「500億円」をポンと出したら、国立競技場で開催の種目は別として、それ以外の競技はすべて、その都市に変更とかならないのだろうか??


Image

そんな無茶苦茶なこと、どう考えても無理でしょう!!


Image

この問題を見ていると「舛添都知事」はなんとなくオリンピック開催に後ろ向きな感じを受けるなぁ。


Image

東京都の負担が「500億」と言われているわけですからね。金額的に慎重になるのはしょうがないと思いますよ。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする